物件内装の支援

出店エリアと物件選びは商売の命です

1617195336.jpg

​商売の成功か、失敗か・・・を大きく占める開業エリアや物件。

立地や物件は、価格設定やメニューとは違い『後から変更』ができません。

その為、開業するにあたって市場調査と立地物件探しは、慎重に進めなければなりません。

コンセプトが良くサービスのレベルが高くても、立地にミスがあれば集客は困難となる為、立地、物件選びに失敗は許されないのです。

弊社が蓄積したで多くのノウハウと、コネクションで失敗しないための物件探しをお手伝いします。

物件1)属性集計

商圏内の人口や世帯の特性を把握し、年収推計データなどを活用することで、商圏内の富裕度特性なども把握し、商圏特性に応じて単価、メニュー、営業時間の設定を行います。

物件4)競合店比較

近隣のアイラッシュはどのような戦略で経営をしているのか、どうやって集客をしているかなどを調査し、自社の戦略の、企画、改善、などの対策をとれます。

物件2)商圏分析

最寄り駅の1日の乗降客数や、国勢調査データなどの統計指標や顧客データなどを活用して、出店候補地周辺の市場ボリュームや地域特性を把握するために行う分析です。

物件5)広告効果測定

同業以外の他業種からも、広告投下量を説明変数とし売上量を目的変数とする回帰分析を行います。これによって売上量段階の広告効果を測定することが可能となります。

物件3)通行量調査

出店物件の前をどのような人がどれ位通るのかという事を調べます。 通行料量を把握することで、店舗認知や店前での販促、売上予想などをする際の参考として重要です。

物件6)家賃交渉

家賃は交渉次第で下げてもらえる場合もあります。しかし、タイミングや伝え方、事前の情報収集ができているかどうかなどによって、成功or失敗は大きく分かれます。

はじめての内装工事

image (10).jpg

価格相場を知ってますか?

見積書は各業者によって書式や工事項目の名称などがバラバラです。自社で工事項目や工事箇所をそろえて見積比較表を作ることで、見積を比較検討することができます。

額面だけだと一番安い会社であっても、項目をそろえて比較したら漏れがあった、ということも多くあります。

また内装工事会社は資材の発注や人材の手配が必要となり、着工時に費用が発生します。一方で出店者は、竣工後のアフターメンテナンス、残工事の対応が滞るリスクを抱えています。支払いを分割にすることで、どちらの会社もリスクも取らなくてすむのです。

また一般的には、着工時に半金、竣工時に半金というケースが多いですが、借入金がないうちは内装費を払えないため、工事がストップすることもありますが、そのあたりも事前交渉に応じてくれるかどうかなども重要です。

内装1)デザイン力

材質、色、配置、間取り等デザインとは総合的な判断力と知識が必要になります。最近は広告の際のインスタ映えなどを意識するサロンも増えてます。

内装4)最短の施工日程

施工開始から完成までをとにかく最短で。工事が長引けば、その分、無駄な家賃を払うことになり、スタートから資金がきつくなります。最短着工の業者の手配を致します。

内装2)機能性重視

サロンワークに必要な導線の確保から、休憩所のスペース、待合のスペース、ベッドの間隔などをしっかりと計算したレイアウト設計をします。

内装5)アフターフォロー

竣工後のサポートにも目を配りましょう。アフターフォローや保証期間がしかりとした業者を手配し、オープン後も安心してサロンを営業できるように致します。

内装3)低コストの実現

なんだかんだコストがかかる内装工事。弊社が提携している複数の実績ある施工業者を使い、低コストでも、完成度の高い施工を期待できる内装業者を手配します。

内装6)保健所対策も万全

『完成したのに保健所の審査が通らない』なんてことがあったら大変です。弊社のサポートがあれば、そんな心配はご無用なので安心です。